看護師だと反対されることも

看護師が結婚を考えたとき、一番身近にいる頼れる男性というのは医者です。
自分の仕事内容もある程度理解してもらえ、また、相手の医者の仕事内容やつらさも理解できるからです。
ある程度仕事をして、仕事にも余裕が出てきたときに看護師は医者との結婚を考える人が多いです。
しかし、まず、医者と看護師では、絶対数で看護師が多いですから、すべての医者が看護師と結婚しても、医者とは結婚できない看護師も出てきます。
また、医者の中には看護師との結婚を拒む人も多いといいます。

医者の家系は代々医者であることが多いです。
医者になるためにはそれ相当の勉強のほか費用もかかりますから、ある意味お金持ちでないと医師にはなれません。
一方、看護師は専門学校からでも国家試験に合格すればなることができます。
医者の親からみれば優秀な自分の子には、優秀な経歴の相手がふさわしいと考えるもの無理はありません。
また、看護師は仕事が終わった後の態度が目に余る人も多いと聞きます。
ハードな仕事や、不規則な勤務体系、ミスの許されない仕事内容を毎日こなした上に、患者さんには常に笑顔で接することが求められますので、仕事上のストレスが非常に多い仕事なのです。
そのためか、仕事が終わった後の看護師の中には非常に解放的な人もいて、それをよく思わない人もいるのです。
また、女性看護師は、女性の仕事の中では給料がいいため、プライドが高い人も多いと勘違いされています。
そういったことから医師が結婚するとき相手が看護師だと周囲から反対されることも多いのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です