競争率が激しい院内恋愛

同じ病院内で働いている場合、看護師は医師の指導の下で働くことになるため、コミュニケーションを密にとる必要があります。
まして重篤な病人が診察に来るような大きな病院では、ちょっとしたミスから患者さんの命にもかかわりかねないため、しっかりと指示を受けることが大切になります。
連絡は密に取らなければならないため、独身同士の場合恋に落ちることもあります。

しかし、どういった病院でも医者一人に対して看護師は10人ほどいます。
単純計算でも同じ職場で働いている医者と看護師が結婚する確立は1割程度ということになります。
しかし、それは医師が同じ病院で働いている看護師と結婚することを前提として出た数値であり、医者が他の仕事についている女性と結婚することも考えると、実際に看護師が医者と結婚できるのはせいぜい2~3%程度と低い数値になっています。

医師としては仕事柄家に帰ることすら許されないような過酷な仕事をしています。
もちろん看護師もなかなかハードな仕事です。
いったん仕事に取り掛かるとなかなかプライベートな時間が持てません。
たとえ医師と看護師が結婚できたとしても、家庭を守ったり、家事や育児などに時間をなかなか取れないために通常の家庭のような、仕事が終わって帰ってきたらほっとできる家を作ることは難しいです。
そういった意味では、医者は医療関係者と結婚することを敬遠している人も多いです。
医師がなかなか結婚できず、結婚相談所などに医師が多いのはそのためなのです。
そのためますます看護師が医師と結婚できる確立は減っていきます。
看護師と医師が結婚できる確立は少ないですが、それでも医者と結婚したいと考えている看護師であれば、仕事が終わった後の疲れを癒すことのできるような人になることが求められます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です